ちびちゃまの毎日が夏休み

google-site-verification=Jq5bSZ9gnM1Dv2hia8Kiw6HJM8RlmAoaVuLR8AA8k30

ちびちゃまの毎日が夏休み🌻

老犬の介護を経験して学んだこと、新しく犬を迎えるにあたってぶち当たったしつけ問題についてお話していきます。

大地震とペットロスを乗り越えて~ちびちゃまが我が家にやってくるまで

 

ちびちゃまが我が家にやってきたのは

令和フィーバーの中の

ゴールデンウィークの最終日。

 

f:id:chibichama:20190812210040j:image

(2019年5月7日我が家に来た、次の日のちびちゃま)

 

 

 

まさか自分が

ペットショップで

犬を買う…とはね。。

 

 

 

今まで、可愛いなって

見てはいたけどね。。

 

 

 

 

約1年の介護をおえて

先代犬、チャチャが旅立ったのは

北海道胆振東部地震のあとの

約1週間後。

 


f:id:chibichama:20190812210254j:image

(先代チャチャ、2018年5月撮影)

 

 

 

震源7の

地震とは思えない

揺れを体験した私達。

 

地震によるストレスで

持病が悪化してしまい、

だんだん痩せ細って

亡くなってしまいました。

 

 

混乱の中

多くの方が亡くなって

多くの家屋被害がある中

 

犬が亡くなった事

死んだという事

 

この悲しみは

周りにはなかなか言うことが

できなかった。

 

 

空を何機も飛ぶヘリコプターの音

 

沢山の自衛隊車両

 

北海道以外からも来てくれる救急車両

 

ボランティアの方々

 

報道関係者

 

 

静かな田舎のまちが

1日にして変わってしまった。

 

呆然とする毎日

 

聞こえてくるのは

悲惨な話ばかり。

 

普通ではない状態で

 

必死に毎日生きていくことで

 

今思えば少し

気がそこだけには

いかない状態に

チャチャがしてくれたような

気がする。

 

 

ただ

ふっとした瞬間に

仕事中でも涙がにじみ

 

家に帰れば

しまいこんでいた感情が

溢れでて

思い出しては

泣いてしまう。

 

ペットロス。

 

 

やーっぱり

わたしにもやってきました。

 

 

老犬になった先代は

ほーんとにかわいくてかわいくて

赤ちゃんみたいで。

 

チャチャが

色んなことが出来なくなって

あとどれ位生きられるのだろう

と思うようになってから

失った時の事を思っては涙をしていたので

チャチャロスになることは

わかっていました。

 

 

 

そんな私を救ってくれたのは

 

この本です。

 


f:id:chibichama:20190812204439j:image

 

ペットは生まれ変わって再びあなたのもとにやってくる

ペットは生まれ変わって再びあなたのもとにやってくる "光の国に還った魂"からのメッセージ

 

 

その子(ペット)はあなたに出会うためにやってきた。

その子(ペット)はあなたに出会うためにやってきた。

 

 

 

うんうん!

わかる!!

 

そっか、

やっぱり

また逢えるよね‼

 

またきっと

戻ってきてくれる❗

 

そう希望を持たせてくれた本でした。

 

そして幸いにも

私には

せつない気持ちや

思い出を

聞いてくれたり

分かち合える家族がいた。

 

これって

ほんとーーに!

大事だった。

 

きっと世の中には

気持ちをわかってもらえなさそうで

誰にも言えず

辛い思いを抱えてる方も

いらっしゃると思います。

 

 

犬でしょ?

 

 

言わないまでも

こんな風に

心の底では思ってるんだろうな。

 

って感じたり。

 

犬に対しての思いが

人それぞれだから

仕方ないことだけど。

 

動物にとっても、飼い主にとっても

お互いを理解し会える

そんな優しい社会になってほしいなと

切に感じた時でした。

 

私の場合は

自分の子どものように

可愛がっていたので

亡くなってから毎日

チャチャのことを

忘れたことはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村