ちびちゃまの毎日が夏休み

google-site-verification=Jq5bSZ9gnM1Dv2hia8Kiw6HJM8RlmAoaVuLR8AA8k30

ちびちゃまの毎日が夏休み🌻

介護の末18才でお空に旅立った愛犬の後に生後2ヶ月で我が家にやってきた柴犬ちびちゃま。大人しいかと思いきや、まさかの気の強め女子に悪戦苦闘の日々です

コロナの検査拒否にあいました。保健所は何のために拒否するのか?

 

もし私がコロナになったら。

 

そんなことをこのブログにも書き、心配しておりましたが、

コロナを疑うような症状が、ついに私にも襲ってきました。

 

PCR検査の検査数が少ない、なかなか検査してもらえないと報道などで見ておりましたが、

本当に、そうでした。

私も検査拒否にあいました。

 

その時の事をまとめたいと思います。

 

疲れやすくダルい日々が続く中、急に発熱が襲ってきた

 

 

最近なんだか疲れやすい、起きてもダルさが残っていると感じていた近ごろ。

 

その日は特にダルいな、何かおかしいなと思って熱を計ってみると37.2の微熱がありました。

 

その時は、ちょっと最近疲れていたからなと思って様子をみていたら夜になると37.7。

更に熱が上がっている。

まあ熱は1日くらい寝ていれば治るから。

と寝たはいいけど夜中に38.5の高熱。

次の朝には下がることなく、まだ37.7から8度もある。

これはおかしい。

いつもならもう少し下がってもいいのに。

とりあえず、仕事も休み、1日療養することにしました。

 

2日目も3日目も熱が下がらない…これはなんだかおかしい

 

ところが、2日経っても3日経っても、熱が下がらない。

ダルい。

熱が上がると頭も病む。

 

うちにあった鎮痛解熱剤を1錠飲むと熱は一時的に下がって体が楽になるが、

すぐにまたぶり返す。

 

どうもこれはいつもの風邪とは違う。

どこか、身体に悪いとこがある?

 

もしかして、コロナなのか…?

 

なかなか熱が下がらないから、今の時期はどうしてもコロナに感染したんじゃないかと疑ってしまう。

 

でも、コロナと判定されたらどうなるんだろう…?

でもこのまま分からないままでも家族や仕事の事を考えると白黒はっきりしたほうがいい。

 

保健所にどうしたらいいのか、まずは聞いてみないとならない。病院も発熱があれば勝手に行ってはいけないのだろう。

藁をもつかむ思いで、思いきって管轄の保健所に電話をしてみました。

 

1度目の検査拒否にあう

 

保健所に電話すると、保健師の女性とつながる。

 

発熱が続いていることを伝えると、

 

感染者との接触はあったか

 

感染の多い地域には行ったか

 

年齢

 

持病があるか

 

どういった症状があるか

 

順番に、

ゆっくり確認するような感じで聞かれた。

 

正直に、何日か前に札幌に買い物にいったことや、

(札幌は感染者が多い)

発熱、頭痛の症状を伝えた。

 

問診の最後に保健師さんの口から出た言葉は、

「コロナの可能性は低いです」

という言葉であった。

 

その時は、え…?そうなの?

と思いながらも内心ほっとした。

 

コロナであったら、隔離だの、仕事先への影響、

もろもろがあるからだ。

 

でもあとでよく考えてみると、

 

おかしいことが多々ある。

 

保健所発表の、コロナと判明した人の症状をみている

と、

私と同じような症状だったり、

または、それよりも軽症な患者さんが多々いる。

 

何をもって、コロナの可能性が低いということになったのだろう。

 

保健所では、熱の原因を特定したければ

かかりつけ医に相談してくださいと言われ、

もう名前は控えたので今後は保健所に電話しなくていいと言われ電話を切った。

 

なんだか見離された気分だった。

 

 

かかりつけ医に受診する

 

次に、近所のかかりつけ医に、

熱があることと、保健所には既に電話したことを伝え、

診てもらえるか確認をした。

 

ありがたいことに、すぐに診てはもらえたが、

熱の症状だけだったので、

解熱剤のみの処方となった。

 

発熱外来も紹介してもらえる感じの発言があったが、

先生も迷ってるみたいで特に紹介されることはなく

その日はそれで帰宅した。

 

熱がやっぱり下がらない。どうすればいいのかわからなくなる。

 

とにかく熱が下がることを祈って、

不安の中過ごすこと4日目、5日目。

 

どうしても熱が下がらない。

 

ご飯は食べることが出来るけれど

これだけ熱が続くと

悪いことばかりが頭をよぎり、

体力も奪われてくる。

 

かかりつけ医に電話で相談して、

指示を仰ぐことにした。

 

発熱外来を紹介してくれるのかと思ったが、

病院からは

「○○さん、コロナを心配しているんですよね?病院では何も出来ないと言われたので、保健所に連絡してコロナの検査をしてもらえませんか?と聞いてみたらどうですか」

 

と言われた。

 

なんだか、さじを投げられた気分であったが

確かに私はコロナを疑っているし、

もう保健所には連絡しなくていいと言われて気は進まなかったけれど

連絡するしか方法がなくもう一度電話を入れた。

 

2度目の検査拒否にあう

 

保健所では名前を控えてあるので、

2度目の連絡は話はすぐに通った。

 

病院に言われた通りに伝えたあと、

また症状を聞かれた。

 

2度目の保健師さんの回答は

 

「医師の明確な指示がないと検査はできません」

 

であった。

 

私は、どうすればいいのかわからなくなって、

じゃあ、どうしたらいいんですか?

と呆れと怒り半分半分の気持ちで尋ねた。

保健所からは、

別の病院を受診するとか…

という回答であった。

 

困ったあげく、もう一度かかりつけ医に相談する

 

どこを受診していいかわからなかった私は、

保健所の回答を伝えるため、

もう一度かかりつけ医に連絡をした。

 

病院からは、

「それでは、うちで出した解熱剤を全部飲んで、それからうちで出来る検査をして、それから病院を紹介します」

 

という話をされた。

 

その時は納得して電話を切ったが

 

なんと悠長な話だろうか。

 

もしそのうちに容態が急変したらどうするのだろうか?

 

保健所にも病院にも不信感を覚えた。

 

 

そのうち熱が下がった。私は一体なんだったのだろうか?

 

最初の発熱から6日目になると、熱が平熱に近くなってきた。

 

なので結局他の病院は行かなかった。

 

結局、診察もなし、コロナの検査もしてもらえなかったので、

発熱の原因はいまだわからない。

 

保健所が検査を拒否する理由はなんなのか?

 

若い世代や持病がないとほとんど重症化する可能性は低いからほっとくの?

 

検査をしてコロナの陽性患者が増えれば医療崩壊を招くから?

 

経路不明なコロナ感染者が増えれば、経済活動が進まなくなるから?

 

きっと、私みたいな人は日本に沢山いるのだろう。

 

この時期に風邪の症状があったら、誰しもがコロナを疑うだろう。

 

ただ、検査してもらえないならば、

疑いがあった人間は、コロナなのかそうでなかったのかわからないままに、普通の日常を送らざるを得ない。

 

そうなれば、新たな感染者を生んでしまう恐れがある。

 

病院や施設に隔離できるキャパシティがないのならば、

そして、持病や比較的若い世代が重症化しないことがわかっているのであれば、

コロナも風邪の一種でそこまで恐れる必要はないこと。

とりあえずコロナの検査だけはして、

重症者以外の陽性者には、何日間は自宅療養してもらうといったハッキリとした指示が必要なのではないか。

 

どうも、国は今、経済活動をとにかく優先したいと思われて仕方ない。

 

経済活動の第2ステージ、第3ステージは、

予定どおり進むのであろう。

 

これから秋冬になればまた第2波、第3波が来ると言われる。

それまでに、検査体制の早急な改善が必要だ。

 

私は今、もちろんコロナだったかどうかはわからないけれど、

誰かにうつしてしまってはいないだろうか?

少なからず不安の中にいる。

 

もしかすると、最初から違う病院に行っていればこうはならなかったかもしれない。

 

万が一の時のために、信用できる病院を見つけておくのも必要だと思った。

 

国が言うこと、行うことは鵜呑みにしないで、

私の周りにいる人には検査をしてもらえず隠れたコロナ感染者は沢山いるだろうと、注意すべきことは伝えて行きたい。

 

自分や周り、家族の身を守るために、

慎重な行動をとろうとおもう。